コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

税所氏 さいしょうじ

世界大百科事典 第2版の解説

さいしょうじ【税所氏】

平安時代以来大隅国曾於(野)郡を本拠とした豪族,在庁官人税所の検校職を世襲したところから氏名となる。藤原(古くは檜前)姓。1197年(建久8)の大隅国図田帳に曾野郡重富名33丁のほか,同重武名,桑東郷松永名の名主として税所篤用があり,翌年の大隅国御家人交名(きようみよう)には国方14名中の筆頭にみえる。篤用の子篤(敦)満は和田合戦で討死,その弟祐満が跡をつぐが,その子義祐は大隅国大介兼税所職,押領使職,曾野郡郡司職,霧島神社座主・止上(とかみ)神社大宮司職等のほか,薩摩国満家院郡司職,厚智山座主職等を兼帯勢威をふるった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の税所氏の言及

【税所】より

…税所の有力在庁はやがて世襲化し,税所を氏とするものも現れた。常陸や薩摩の税所氏はその例である。【下向井 竜彦】。…

※「税所氏」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

税所氏の関連キーワード霧島[町]

今日のキーワード

だまされたふり作戦

「振り込め詐欺」に代表される特殊詐欺事件の警察による捜査手法の一つで、振り込め詐欺と思われる不審な電話があった時、被害者が協力してだまされたふりをし、容疑者の電話番号、振込先、訪問時間などを聞き出し、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android