コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

税所 さいしょ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

税所
さいしょ

平安,鎌倉時代国衙役所の一つ。その国の正税 (しょうぜい) ,官物 (かんもつ) の収納,管理を任務とした。その職員は,初めは国守によって任じられたが,平安時代中期以後は土着の豪族の世襲化が進み,次第に武士化し,常陸,薩摩の税所氏のように,これを姓とするものも出た。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

さい‐しょ【税所/済所】

平安・鎌倉時代、国衙(こくが)においてその国の租税・官物の収納などのことをつかさどった役所。ぜいしょ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

税所【さいしょ】

平安時代中期以降の国衙(国衙・国府)の中心的な役所(所)の一つ。済所とも記される。正税・官物の収納・管理(勘会)等を主な職務とし,官人は国司(こくし)の任命する目代(もくだい)・判官代(ほうがんだい)らにより構成された。
→関連項目今富荘

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

さいしょ【税所】

済所とも書く。平安中期以降の国衙在庁機構である〈(ところ)〉の一つで,正税(しようぜい),官物(かんもつ)の収納勘会事務を分掌する分課。国司が任命する目代,(惣大)判官代,録事代などの在庁官人によって構成される。990年(正暦1)柞原宮宮師仙照が豊後国司に季供田1町の官物免除を申請した愁状に対する税所の勘申を初見とする。職掌としては(1)郡郷へ所当官物を割り当て,収納使を通して郡郷内の名(みよう)に徴符を配分する,(2)官米押領使などの使を差定し,官物封物を中央諸官衙,封主のもとに進納させる,(3)郡郷ごとに収納使と郡郷司が作成した結解(けちげ)にもとづいて国全体の進未勘会を行う,(4)官物封物の収納に関する訴えや照会に対して,国司の命をうけて勘申する,などがある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

税所
さいしょ

平安・鎌倉時代に国衙(こくが)に置かれた役所の一つ。済所とも書く。9世紀になると国衙機構の分業組織としての「所(ところ)」が成立し始め、そのなかで税所は一国の租税の収納や管理を任務とした。初めは国司の補任(ぶにん)によって官人が構成されたが、しだいに在地の土豪らに世襲化されていった。常陸(ひたち)(茨城県)や薩摩(さつま)(鹿児島県)には税所を姓とする武士もみられる。また、神社にも年貢や公事(くじ)の収納をつかさどる税所が置かれた例がみえる。[渡辺正樹]
『吉村茂樹著『国司制度崩壊に関する研究』(1957・東京大学出版会) ▽竹内理三著『律令制と貴族政権 第部』(1958・御茶の水書房)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

税所の関連キーワード法人税等・課税所得生命保険料控除納税者番号制度繰延税金資産国府(令制)五分五乗方式霧島[町]有村連寿尼税所伊久磨牧園[町]御垣の下草税所敦子基礎控除課税所得税所篤久平均課税税所篤秀御歌所派池袋清風税額控除