コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

五味 ごみ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

五味
ごみ

仏教で,酸味苦味甘味辛味鹹味 (塩味) の5つの味を意味する。また『涅槃経』には乳味,味,生酥 (しょうそ) 味,熟酥味,醍醐味の五味を説き,牛乳の精製過程で生じるこれらの味のうち最後の醍醐味を涅槃 (究極の理想) にたとえる。また天台教学ではこれらの味を教説深浅にたとえる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ご‐み【五味】

5種の味覚。物の味の5種。甘さ・酸(す)っぱさ・辛(から)さ・苦(にが)さ・鹹(しおから)さ。
大般涅槃(だいはつねはん)経に説く、牛乳を精製して順次に生ずる五つの味。乳味・酪味・生酥(しょうそ)味・熟酥味・醍醐(だいご)味で、醍醐味を最高の味として仏の涅槃にたとえる。天台宗ではこれを釈迦1代の教説の順序になぞらえ、五時教に配する。

ごみ【五味】[姓氏]

姓氏の一。
[補説]「五味」姓の人物
五味康祐(ごみこうすけ)
五味太郎(ごみたろう)
五味康祐(ごみやすすけ)

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

占い用語集の解説

五味

五行に対応される味覚のこと。木が「酸味」、火が「苦味」、土が「甘味」、金が「辛味」、水が「鹹味(しおからい)」に相当する。

出典|占い学校 アカデメイア・カレッジ占い用語集について | 情報

大辞林 第三版の解説

ごみ【五味】

甘い・辛い・苦い・酸っぱい・塩辛いの五種の味。
〘仏〙 牛乳を精製する五段階の味。乳・酪・生酥しようそ・熟酥・醍醐の五種。天台宗では、これを五時にあてて、教法の深浅にたとえ、醍醐味を最高とする。
茶道で、香木の香りをになぞらえていう。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

五味
ごみ

酸味、苦味(にがみ)、甘味、辛味、鹹味(かんみ)(塩味)の5種の味。これに淡味を加えて六味という。仏教語では、牛乳を精製していって最終的な乳製品ができるまでの味を5段階に分けたものをいう。乳(にゅう)、酪(らく)、生酥(しょうそ)、熟酥(じゅくそ)、醍醐(だいご)の5種の味をいい、最後の醍醐味を最高の味として、仏の涅槃(ねはん)に例える。もと大乗の『大般涅槃経(だいはつねはんぎょう)』の「聖行品(しょうぎょうぼん)」に出、仏の衆生教化(しゅじょうきょうげ)の浅深の次第を表す比喩(ひゆ)として多用される。また、中国天台宗では、仏一代の説法の内容を、浅いものから深いものへと5段階に分類し、これを五味に配当する教判をつくった。[藤井教公]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の五味の言及

【味】より

…その知覚についてのメカニズムは〈味覚〉の項目を参照されたい。味覚神経が感ずる味は〈しおからい〉〈すっぱい〉〈にがい〉〈あまい〉の4種とされるが,中国や日本では古くからこれに〈からい〉を加えて,鹹(かん)酸苦甘辛を五味と呼んだ。栄西は《喫茶養生記》のなかで,酸味は〈柑子,橘,柚〉など,辛味は〈薑,胡椒,高良薑〉など,甘味は〈砂糖〉など,苦味は〈茶,青木香〉など,鹹味は〈塩〉などだと書いている。…

※「五味」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

五味の関連キーワードわにさんどきっ はいしゃさんどきっまどから おくりもの刹那さを消せやしないきんぎょが にげたそら はだかんぼ!かくしたの だあれ長野県須坂市豊丘たべたの だあれ兵隊やくざ 脱獄一刀斎は背番号6五味式骨盤調整法とうさんまいご続・兵隊やくざかぶさんとんだ浮世亭 夢丸キチントさん五味 国太郎みんなうんちさる・るるる坩堝の中に

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

五味の関連情報