コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

稚内のイカナゴ(読み)わっかないのいかなご

事典 日本の地域ブランド・名産品の解説

稚内のイカナゴ[水産]
わっかないのいかなご

北海道地方、北海道の地域ブランド。
主に稚内市で水揚げされている。スズキ目イカナゴ科の魚で、稚内周辺では、イカナゴ(オオナゴ)とキタイカナゴの2種が生息している。瀬戸内海に分布するイカナゴは寿命は2年〜3年、体長は14cm程度だが、稚内周辺のイカナゴは寿命は6年で23cm以上になる。食用ハマチの餌とされるほか、幼魚は釜揚げ・かき揚・から揚げ・くぎ煮、成魚は釜揚げ・付け焼き・から揚げ・天ぷらなどで食される。

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android