種紙(読み)たねがみ

精選版 日本国語大辞典の解説

たね‐がみ【種紙】

〘名〙
① 蚕が卵をうみつけるための紙。蚕卵紙(さんらんし)。《季・春》
※養蚕秘録(1803)中「蚕種紙(タネガミ)の両端を図のごとく弐人にて持」
② 写真印画紙の旧称か。日光写真に用いた鶏卵紙などをさしていった。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報