コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

種繭 たねまゆ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

種繭
たねまゆ

蚕種製造を目的として飼育した蚕のつくった。すべて原蚕で,その品種特有の性質をそなえ,他品種の繭が混っていないことが必要条件。そのために熟上蔟 (じょうぞく) する前に斑紋,体色,形,色,大きさなどに注意し,疑わしいものを除いておく。種繭の発蛾と産卵の条件を保証するために 23~25℃ぐらいの温度と 70~75%ぐらいの湿度に保つことが必要。大量の種繭を製造する場合には,飼育分場で原蚕飼育をして蚕種製造へ種繭を輸送するが,輸送中の振動をなるべく少くしないと,発蛾や産卵に影響する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

たね‐まゆ【種繭】

蚕を殺さず、採卵用とする繭。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

種繭の関連キーワード蚕種製造業雌雄鑑別収繭

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android