コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

上蔟 じょうぞく

4件 の用語解説(上蔟の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

上蔟
じょうぞく

食桑をやめ営繭にかかろうとしている熟蚕を蔟 (まぶし) に移す作業。養蚕労働のなかで最も多忙な作業の一つで,従来の慣行は熟蚕を1頭ずつ選別して拾い集める「1頭拾い法」で多大の労力を要したが,条桑育の普及に伴い条桑から蚕を払落す条払法が普及してきた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

じょう‐ぞく〔ジヤウ‐〕【上×蔟/上×簇】

成熟したを、繭を作らせるため、蔟(まぶし)に移し入れること。あがり。 夏》「炉火美しく―の夜に入るも/静塔」

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

上蔟【じょうぞく】

養蚕用語。熟蚕を蔟(まぶし)と呼ばれる繭を作る場所に入れる操作のこと。かつては指で拾い取って入れていたが,現在では労力節約のため回転蔟を用いた自然上蔟が普及。
→関連項目養蚕

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

じょうぞく【上蔟】

( 名 ) スル
成熟したカイコが、繭を作ろうとする状態になった時、繭をつくらせるために蔟まぶしに入れること。 [季] 夏。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の上蔟の言及

【カイコ(蚕)】より

… 5齢のカイコはその成長が極度に達するとクワを食べる量が少なくなり,ついに食桑を止め体が透き通り糸を吐きはじめる。このようになったカイコを熟蚕(じゆくさん)と呼び,熟蚕を営繭場所すなわち蔟(まぶし)に入れてやることを上蔟(じようぞく)という。上蔟してから4日目ごろ繭の中で脱皮してさなぎとなる。…

※「上蔟」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

上蔟の関連キーワード熟蚕種繭生節播磨節目伏し眩しい櫃まぶし繭掻きくず餅県内の養蚕教育

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

上蔟の関連情報