稲垣つる(読み)いながき つる

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

稲垣つる いながき-つる

?-? 江戸時代中期の浮世絵師。
明和(1764-72)のころ大坂で活躍した女性画家。肉筆美人画にすぐれ,山崎竜とならび称された。画風は月岡雪鼎(せってい)にちかい。作品に「美人虚無僧人形を遣ふ図」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

稲垣つる

生年:生没年不詳
江戸中期の女性画家。大坂の浮世絵師月岡雪鼎の画風に近い肉筆美人画を数点残すため,大坂の浮世絵師と考えられる。つる女とも。字は千齢。伝記はまったく不明で,作品が唯一の資料。筆遣いは雪鼎に肉迫するうまさがある。作品に「人形遣図」(出光美術館蔵)がある。

(安村敏信)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

今日のキーワード

サンセット条項

買収防衛策の妥当性を担保するため、一定期間ごとにその適否を株主に諮る仕組みのこと。サンセットとはSunset(日没)の意。 2005年5月に経済産業省及び法務省が公表した「企業価値・株主共同の利益の確...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android