コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

料理茶屋 リョウリヂャヤ

デジタル大辞泉の解説

りょうり‐ぢゃや〔レウリ‐〕【料理茶屋】

料理屋」に同じ。
「松の樹(こ)の間の―で」〈近松秋江・青草〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

りょうりぢゃや【料理茶屋】

江戸時代に使われたことばで,現在では料理屋,割烹(かつぽう)店,料亭などと呼ぶ。室町時代一服一銭の茶を売ることに始まった茶屋が発展してさまざまな分化をとげた中で,とくに飲食の美を楽しもうという欲求にこたえて成立したものである。食事を売ることを専門とする店は,明暦大火(1657)後に江戸浅草金竜山にできた奈良茶飯屋が最初とされるが,江戸時代前期に存在したのはこうした手軽な飲食店だけであり,本格的な料理茶屋が出現したのは江戸時代後期の明和・安永期(1764‐81)のことになる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

りょうりぢゃや【料理茶屋】

江戸時代、色茶屋や水茶屋に対して、料理の提供を専業とした茶屋。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の料理茶屋の言及

【茶屋】より

…これを,葉茶屋と区別するために水茶屋と呼ぶこともあり,後には家構えの店もできた。茶屋に酒を置き,そのさかなの副食物から主食物までを提供するようになるのは自然の推移で,それぞれ煮売(にうり)茶屋,料理茶屋といい,寛文(1661‐73)ごろに始まっている。これらの茶屋にも給仕女が雇われ,水茶屋には客寄せに美人を置く店があり,江戸で有名な笠森お仙は明和ごろ(1770年前後)の水茶屋女である。…

【寄合】より

…江戸の小間物問屋の例にみられるように芸者などを呼ぶ場合もあった。こうした集会の場として,繁華地の水茶屋や料理茶屋が発達した。このほか,江戸では諸大名の江戸屋敷に置かれた留守居役(聞番(ぶんばん))が常時寄合を開き,相互の情報交換を行っている。…

※「料理茶屋」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

料理茶屋の関連キーワード役者論語(やくしゃばなし)茶屋(茶店)志の島 忠水茶屋仕出屋中洲雀料理店向島板前看板酒楼献立柳橋

今日のキーワード

吝か

[形動][文][ナリ]1 (「…にやぶさかでない」の形で)…する努力を惜しまない。喜んで…する。「協力するに吝かではない」2 思い切りの悪いさま。「民衆も天才を認めることに―であるとは信じ難い」〈芥川...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

料理茶屋の関連情報