コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

稲富直家 いなとみ なおいえ

世界大百科事典 第2版の解説

いなどめなおいえ【稲富直家】

1552‐1611(天文21‐慶長16)
安土桃山・江戸初期の砲術家。後に祐直と改名。号は一夢。丹後の人で,稲富流砲術の始祖。一色氏,細川氏に仕え,朝鮮出兵にも参加した。1600年,細川忠興夫人(ガラシャ)の自害に殉ぜず逃走したため,忠興に追われたが,徳川家康の庇護により許された。その後は,松平忠吉や徳川義直に招かれて名古屋に砲術を伝え,また,国友鍛冶団を幕府の工廠化することにも尽力した。【加藤 真理子】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

稲富直家の関連キーワード稲富一夢

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android