コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

稲富直家 いなとみ なおいえ

2件 の用語解説(稲富直家の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

稲富直家 いなとみ-なおいえ

稲富一夢(いなとみ-いちむ)

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

いなどめなおいえ【稲富直家】

1552‐1611(天文21‐慶長16)
安土桃山・江戸初期の砲術家。後に祐直と改名。号は一夢。丹後の人で,稲富流砲術の始祖。一色氏,細川氏に仕え,朝鮮出兵にも参加した。1600年,細川忠興夫人(ガラシャ)の自害に殉ぜず逃走したため,忠興に追われたが,徳川家康の庇護により許された。その後は,松平忠吉徳川義直に招かれて名古屋に砲術を伝え,また,国友鍛冶団を幕府の工廠化することにも尽力した。【加藤 真理子】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone