コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

徳川義直 とくがわ よしなお

8件 の用語解説(徳川義直の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

徳川義直

江戸前期の名古屋藩主。大坂生。家康の九男。名は義知・義利、のち義直、字は子敬。尾張徳川家の祖として家康の遺訓をよく守り、林羅山に漢学を学び、のち堀杏庵を招いて儒教を奨励した。『類聚日本紀』『神祗宝典』等を著す。慶安3年(1650)歿、51才。

出典|(株)思文閣
美術人名辞典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

とくがわ‐よしなお〔トクがはよしなほ〕【徳川義直】

[1600~1650]江戸初期の尾張藩主。家康の九男。尾張徳川家の祖。尾州61万石の領主となり、儒学・神道を重んじ、「類聚日本紀」「神祇宝典」などの撰述がある。敬公。→尾州家

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

徳川義直 とくがわ-よしなお

1601*-1650 江戸時代前期の大名。
慶長5年11月28日生まれ。徳川家康の9男。母はお亀の方(相応院)。慶長12年三家(さんけ)筆頭の尾張(おわり)名古屋藩主徳川家初代となる。61万9500石。従二位,権(ごんの)大納言。儒学を奨励し,城内にわが国最初の孔子廟(びょう)(聖堂)を建立。慶安3年5月7日死去。51歳。初名は義知(よしとも),義利(よしとし)。著作に「神祇(じんぎ)宝典」,編著に「類聚(るいじゆう)日本紀」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

徳川義直

没年:慶安3.5.7(1650.6.5)
生年:慶長5.11.28(1601.1.2)
江戸初期の尾張(名古屋)藩主。初代将軍徳川家康の9男,母はお亀の方(相応院)。慶長8(1603)年甲斐国24万石を与えられ,12年尾張清洲に移され,15年名古屋を居城とした。元和1(1615)年信濃の木曾,同5年美濃の一部を加えられ61万9500石となり,御三家の筆頭に数えられた。寛永3(1626)年権大納言に進んだ。領内の治水に努め,新田開発を進めるとともに商工業の保護も行い,瀬戸窯業の発展の基礎を作る。また林羅山に師事し,のち堀杏庵 を招いて儒学を深め,神道にも造詣が深かった。『類聚日本紀』『神祇宝典』などの著書がある。

(上野秀治)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

とくがわよしなお【徳川義直】

1600‐50(慶長5‐慶安3)
江戸初期の大名。尾張徳川氏の祖。徳川家康の九男として大坂に誕生。母は志水氏亀。幼名は五郎太,諱(いみな)は義利,字は子敬。1607年尾張に封を受け,10年名古屋に築城。従二位大納言。尊王の志が厚く,学問を好み,神道にも詳しい。立法,知行割り税制改革,農商工業の振興,武事の奨励など藩政の基礎を固めた。《神祇宝典》《軍書合鑑》の著述もある。【林 董一】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

とくがわよしなお【徳川義直】

1600~1650) 江戸初期の大名。尾張家の祖。家康の九男。学問を好み、儒学を奨励した。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

徳川義直
とくがわよしなお

[生]慶長5(1600).11.28. 伏見
[没]慶安3(1650).5.7. 江戸
江戸時代初期,初代尾張藩主。家康の9男。母は於亀の方。慶長 12 (1607) 年尾張に受封 (61万 9000石) され,同 15年名古屋に築城,清洲城から移った。藩内に儒教を奨励し,自著に『類聚日本紀』がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

徳川義直
とくがわよしなお
(1600―1650)

江戸初期の大名。家康の第9子。御三家の筆頭尾張(おわり)家の祖。慶長(けいちょう)5年11月28日大坂城西丸(にしのまる)で石清水八幡宮(いわしみずはちまんぐう)の神官志水宗清(しみずむねきよ)の娘お亀の方(相応院)を母として生まれる。幼名は千々世丸、のち五郎太丸。1603年(慶長8)甲府25万石を与えられ、06年元服して義知(よしとも)と名のり、しばらくして義利(よしとし)と改名。翌年尾張(愛知県)清洲(きよす)城主となり53万9000石。10年、新たに築かれた名古屋城主となる。大坂冬・夏の陣には家康とともに参加し、15年(元和1)浅野幸長(よしなが)の娘と結婚し、61万9000石に加増。翌年の家康の死後に駿府(すんぷ)を離れて初めて尾張に入国した。21年義直と改名し、26年(寛永3)従(じゅ)二位権大納言(ごんだいなごん)。学を好み儒教を奨励し、城内に孔子廟(びょう)を営んだ。著書『神祇(じんぎ)宝典』『類聚(るいじゅう)日本紀』など。慶安(けいあん)3年5月7日江戸に没した。墓は水野村定光(じょうこう)寺(愛知県瀬戸(せと)市)。[高木昭作]
『中村孝也著『家康の族葉』(1965・講談社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の徳川義直の言及

【尾張国】より

…07年忠吉は病死し嗣子がなく絶家。家康の九男徳川義直が甲斐府中城主から清須城主となり尾張一円を領したが,幼少のため従来どおり駿府の家康の手もとにとどまり,吉次を常陸笠間に移し義直の重臣平岩親吉を入れ9万3000石を領し代わって国政を執らせた。翌年検地実施,高47万2344石と定まる。…

【尾張藩】より

…1600年(慶長5)関ヶ原の戦後,清須城主福島正則に代わり,徳川家康の四男松平忠吉が入封したが,07年無嗣断絶。あとへ家康の9子徳川義直が甲斐より移封,翌年将軍秀忠の尾張一国を領知すべき旨の判物を受けた。しかし当時義直は幼少で駿府の父のもとにあり,国政は傅(もり)役の平岩親吉がとった。…

※「徳川義直」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

徳川義直の関連情報