自害(読み)じがい

精選版 日本国語大辞典「自害」の解説

じ‐がい【自害】

〘名〙 自分で自分の身を傷つけて死ぬこと。近世では、男の切腹に対して女がのどを刺して自殺するのにいう。自刃自尽。自殺。〔延喜式(927)〕
今昔(1120頃か)一「我、自害せむに心弱し」 〔北魏書‐韋融

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

普及版 字通「自害」の解説

【自害】じがい

自殺。〔魏書、伝〕()融、司農趙郡の李瑾の女を娶(めと)る。天中、の妻と武王景哲と姦せるを疑ひ、乃ち之れを刺す。れざることを懼れ、仍(すなは)ち亦た自す。

字通「自」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

トンガ(国)

太平洋南西部、日付変更線のすぐ西側(南緯約20度・西経約175度)に位置するポリネシア唯一の王国。トンガ海溝に沿って、その西側に南北に連なる諸島をトンガ諸島といい、この諸島をあわせて1970年にトンガ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android