コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

稲茂登三郎 いなもと さぶろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

稲茂登三郎 いなもと-さぶろう

1866-1936 明治-昭和時代前期の実業家,政治家。
慶応2年2月生まれ。木暮武太夫(ぶだゆう)(篤太郎)の弟。東京で攻玉社にまなぶ。明治41年衆議院議員(当選2回,政友会)。東京市場建物社長をつとめ,大正14年東京商業会議所副会頭。昭和11年3月1日死去。71歳。上野(こうずけ)(群馬県)出身。群馬県立中学卒。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

稲茂登三郎の関連キーワードマキノ雅広斎藤寅次郎清水宏スペイン内戦山本嘉次郎[各個指定]工芸技術部門バラングルートヘニー数学基礎論ソビエト連邦憲法

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android