稲葉の雲(読み)イナバノクモ

デジタル大辞泉の解説

いなば‐の‐くも【稲葉の雲】

稲穂が実って風になびくようすを雲に見立てた語。
「風渡る門田(かどた)のすゑに霧はれて―を出づる月かげ」〈新拾遺・秋上〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

いなば【稲葉】 の 雲(くも)

田の一面に稲穂が垂れて風に揺れなびくさまを雲に見たてていう語。《季・秋》
※続拾遺(1278)賀・七四四「民やすき田面のいほの秋風にいなばの雲は月もさはらず〈藤原資宣〉」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android