コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

稲葉正縄 いなば まさなお

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

稲葉正縄 いなば-まさなお

1867-1919 明治-大正時代の華族。
慶応3年7月2日生まれ。松浦詮(まつら-あきら)の子。もと山城(京都府)淀(よど)藩主稲葉正邦(まさくに)の養子となる。明治28年東宮侍従,のち式部官。子爵。大正8年3月23日死去。53歳。学習院卒。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

稲葉正縄の関連キーワード大正時代

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android