家居(読み)いえい

精選版 日本国語大辞典「家居」の解説

いえ‐い いへゐ【家居】

〘名〙
① (━する) 家にること。家を造って住むこと。居住。
※続日本紀‐天平神護元年(765)五月庚戌「家居播磨国賀古郡伊南野焉」
※万葉(8C後)一〇・一八四二「雪をおきて梅をな恋ひそあしひきの山かたづきて家居(いへゐ)せる君」
② 家。すみか。すまい。
源氏(1001‐14頃)蓬生「大方の御いへゐも、ありしよりけにあさましけれど」

か‐きょ【家居】

〘名〙
① (━する) 家にひきこもっていること。また、任しないで家にいることについてもいう。いえい。
※四河入海(17C前)一八「所希は、我と子由と同帰故山、相共に家居せいでと思ぞ」 〔史記‐陸賈伝〕
② 住居。すまい。いえい。
※和蘭天説(1795)「家居は四五層は六七層にして、石を以て墻(かべ)となす」

いえ‐・いる いへゐる【家居】

〘自ワ上一〙 家を造って住んでいる。
貫之集(945頃)一「山風に香をたづねてや梅の花にほへる里にいへゐそめけん」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「家居」の解説

か‐きょ【家居】

[名](スル)
家に引きこもっていること。また、任官しないで家にいること。いえい。
「或は―し、或は海辺をさ迷いながら」〈達治・落葉やんで〉
すまい。住居。いえい。
「この―のさまこそ譬えてもいわれぬ」〈鴎外訳・即興詩人

いえ‐い〔いへゐ〕【家居】

[名](スル)
家にいること。また、家をつくって住むこと。
「余り外出そとでもせずに、―勝ちであったが」〈木下尚江良人の自白
すまい。家。
「―のつきづきしくあらまほしきこそ仮の宿りとは思へど」〈徒然・一〇〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「家居」の解説

【家居】かきよ

官に就かず、家に居る。〔漢書、司馬相如伝下〕相如もてぜられ、に家居す。

字通「家」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

LGBTQ

セクシュアルマイノリティ(性的少数者)を表す言葉で、性的指向や性自認を意味する英語の頭文字をとって作られた。Lesbian(レズビアン)は同性を恋愛の対象とする女性、Gay(ゲイ)は同性を恋愛の対象と...

LGBTQの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android