コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

家居 イエイ

デジタル大辞泉の解説

いえ‐い〔いへゐ〕【家居】

[名](スル)
家にいること。また、家をつくって住むこと。
「余り外出(そとで)もせずに、―勝ちであったが」〈木下尚江良人の自白
すまい。家。
「―のつきづきしくあらまほしきこそ仮の宿りとは思へど」〈徒然・一〇〉

か‐きょ【家居】

[名](スル)
家に引きこもっていること。また、任官しないで家にいること。いえい。
「或は―し、或は海辺をさ迷いながら」〈達治・落葉やんで〉
すまい。住居。いえい。
「この―のさまこそ譬えてもいわれぬ」〈鴎外訳・即興詩人

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

いえい【家居】

( 名 ) スル
家にいること。家をつくって住むこと。 「野辺近く-しせれば/古今 春上
すまい。家。 「 -のつきづきしく、あらまほしきこそ/徒然 10

かきょ【家居】

( 名 ) スル
仕官せずに家にいること。また、家に引きこもっていること。 「都会の中央、紅塵百丈の地に-しても/福翁百話 諭吉
住居。すまい。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

家居の関連キーワード虛・去・嘘・噓・墟・居・巨・拒・拠・挙・據・擧・渠・炬・虚・許・距・踞・遽・醵・鋸おもな枕詞とかかり方福岡県うきは市吉井町日本のおもな美術館網走市立美術館片付く・嫁く徳興里古墳昇平夜話福翁百話仮の宿り山片付く片付く郁達夫すまい面馴る胴脹ら胡居仁綱曳く城下町都会

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

家居の関連情報