コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

穂に出ず ホニイズ

デジタル大辞泉の解説

穂(ほ)に出(い)・ず

穂先に実を結ぶ。
「―・でたる田を、人多く見さわぐは、稲刈るなりけり」〈・二二七〉
外に現れ出て、人目につくようになる。
「―・でぬもの思ふらししのすすき招くたもとの露しげくして」〈・宿木〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ほにいず【穂に出ず】

穂が出る。穂先に実を結ぶ。 「今よりは植ゑてだにみじ花薄-・づる秋はわびしかりけり/古今 秋上
表にあらわれる。人目につくようになる。 「包めどわれも-・でて、尾花招かば留まれかし/謡曲・通小町」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

穂に出ずの関連キーワード通小町花薄穂先

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android