コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

穂に出ず ホニイズ

2件 の用語解説(穂に出ずの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

穂(ほ)に出(い)・ず

穂先に実を結ぶ。
「―・でたる田を、人多く見さわぐは、稲刈るなりけり」〈・二二七〉
外に現れ出て、人目につくようになる。
「―・でぬもの思ふらししのすすき招くたもとの露しげくして」〈・宿木〉

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ほにいず【穂に出ず】

穂が出る。穂先に実を結ぶ。 「今よりは植ゑてだにみじ花薄-・づる秋はわびしかりけり/古今 秋上
表にあらわれる。人目につくようになる。 「包めどわれも-・でて、尾花招かば留まれかし/謡曲・通小町」

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone