コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

穴井太 あない ふとし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

穴井太 あない-ふとし

1926-1997 昭和後期-平成時代の俳人。
昭和元年12月28日生まれ。中学校教諭をつとめるかたわら,横山白虹の「自鳴鐘」に参加。昭和31年北九州市で「未来派」を,41年「天籟(てんらい)通信」を発行する。48年現代俳句協会賞。平成9年12月29日死去。71歳。大分県出身。中央大卒。句集に「ゆうひ領」「天籟雑唱」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

穴井太の関連キーワード[各個指定]工芸技術部門五所平之助島津保次郎清水宏斎藤寅次郎溝口健二[各個指定]芸能部門衣笠貞之助田坂具隆香港映画

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android