穴井太(読み)あない ふとし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

穴井太 あない-ふとし

1926-1997 昭和後期-平成時代の俳人。
昭和元年12月28日生まれ。中学校教諭をつとめるかたわら,横山白虹の「自鳴鐘」に参加。昭和31年北九州市で「未来派」を,41年「天籟(てんらい)通信」を発行する。48年現代俳句協会賞。平成9年12月29日死去。71歳。大分県出身。中央大卒。句集に「ゆうひ領」「天籟雑唱」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android