コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

穴井太 あない ふとし

1件 の用語解説(穴井太の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

穴井太 あない-ふとし

1926-1997 昭和後期-平成時代の俳人。
昭和元年12月28日生まれ。中学校教諭をつとめるかたわら,横山白虹の「自鳴鐘」に参加。昭和31年北九州市で「未来派」を,41年「天籟(てんらい)通信」を発行する。48年現代俳句協会賞。平成9年12月29日死去。71歳。大分県出身。中央大卒。句集に「ゆうひ領」「天籟雑唱」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

穴井太の関連キーワード香港映画スペイン映画ホンダ・インターナビASEAN大正天皇昭和イギリス映画小作争議文芸時代武幸四郎

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone