コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

横山白虹 ヨコヤマハクコウ

デジタル大辞泉の解説

よこやま‐はくこう【横山白虹】

[1899~1983]俳人。東京の生まれ。本名、健夫。昭和2年(1927)より俳句雑誌「天の川編集長を務め、同12年には「自鳴鐘(とけい)」を主宰して新興俳句運動を推し進めた。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

横山白虹 よこやま-はくこう

1899-1983 昭和時代の俳人。
明治32年11月8日生まれ。横山健堂の長男。小倉市(北九州市)で外科病院を開業。昭和2年吉岡禅寺洞主宰の「天の川」編集長。12年「自鳴鐘(とけい)」を創刊・主宰し,新興俳句運動を推進した。48年現代俳句協会会長。昭和58年11月18日死去。84歳。東京出身。九州帝大卒。本名は健夫。句集に「海堡(かいほう)」など。
【格言など】ラガー等のそのかちうたのみじかけれ(「海堡」)

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

横山白虹の関連キーワード棚橋 影草吉岡禅寺洞横山 白虹横山健堂穴井太天狼横山

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android