穴織(読み)あなはとり

精選版 日本国語大辞典の解説

あな‐はとり【穴織】

[1] 〘名〙 応神天皇の時代に呉(中国江南地方)から来朝したと伝えられる機織り女。あやはとり。
※書紀(720)応神三七年二月(北野本訓)「呉(くれ)の王(こしき)、是に、工女(ぬいめ)兄媛(えひめ)、弟媛(いろとひめ)、呉織(くれはとり)、穴織(アナハトリ)(よたり)の婦女(をむな)を与(たてまつ)る」
[2] 同音の繰り返しで「あな」にかかる。
袖中抄(1185‐87頃)五「などてかくつれなかるらんあなはとりあなあやにくの君が心や」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

台風一過

台風が通り過ぎたあと、空が晴れ渡りよい天気になること。転じて、騒動が収まり、晴れ晴れとすること。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

穴織の関連情報