コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

いろ イロ

デジタル大辞泉の解説

いろ

[接頭]血族関係を表す名詞に付いて、母親を同じくする、または、母方の血のつながりがある、の意を表す。「いろせ」「いろと」「いろね」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

いろ

古く、血族関係を表す名詞の上に付いて、複合語をつくり、母親を同じくすること、血のつながりのあることを表す。同母の。実の。 「 -せ」 「 -ね」 「 -は」 → まま

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

いろの関連キーワード阿佐田哲也顔色を窺う遊郭・遊廓上方才六余水吐き色川武大秋山夏山御納戸色紅灯の巷骨性迷路勝つ色威浅絳山水いろえ黄金色いろね黒蒔絵複合語石室崎鯨蝋浅紅

今日のキーワード

だまされたふり作戦

「振り込め詐欺」に代表される特殊詐欺事件の警察による捜査手法の一つで、振り込め詐欺と思われる不審な電話があった時、被害者が協力してだまされたふりをし、容疑者の電話番号、振込先、訪問時間などを聞き出し、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

いろの関連情報