こしき

栄養・生化学辞典の解説

こしき

 と書く.コメなどを蒸すのに使う装置で,筒もしくは箱状のものに底に蒸気の通る穴があり,洗って吸水させたコメなどを蒸気を通して蒸す.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

こしき

〘名〙 古くから日本で用いられた鋳鉄用融解炉。銑鉄や鋳物の再溶解に使われたもので、現在のキューポラに当たる。
※いやな感じ(1960‐63)〈高見順〉一「コシキと、工場では呼んでいる熔解炉で、鋳物の地金を熔かしているからだ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

こしきの関連情報