空の色(読み)そらのいろ

精選版 日本国語大辞典の解説

そら【空】 の 色(いろ)

① 晴れた大空の色。空色
源氏(1001‐14頃)葵「空の色したる唐の紙に」
② 空の様子。天候のぐあい。そらあい。空模様。
※源氏(1001‐14頃)野分「野分〈略〉空の色かはりて、吹きいづ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の空の色の言及

【空】より

…また太陽や月が地平線に近いときには特に大きく見えることから,人は天空を市女笠(いちめがさ)のような形に知覚していると主張する心理学者もある。
[空の色]
 晴天の空は青く見えるのがふつうであるが,これは太陽光が地球の大気に入り,そこにある空気分子に当たって,入射光の方向とはちがう方向に散乱されたものが目に入るときに,青の光が主になるからである。散乱現象は散乱される光の波長と,散乱をおこす粒子の大きさに関係する。…

※「空の色」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

タピオカドリンク

中国茶や紅茶などに球状のタピオカを入れた台湾発祥の飲料。「タピオカティー」とも呼ばれ、米国やアジア諸国で人気を集めている。日本では1990年代に台湾のチェーン店が進出して以来、若い女性を中心に幾度もブ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

空の色の関連情報