空体(読み)くうたい

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 色のない無色の物体。
※遊楽習道風見(1423‐28頃)「水晶は清浄躰にて、色文無縁の空体なれ共」
② 中が空洞になっている物体。
※東京灰燼記(1923)〈大曲駒村〉一六「首が飛んで無残な空体を地上に横たへた」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android