空胴共振器(読み)くうどうきょうしんき(英語表記)cavity resonator

世界大百科事典 第2版の解説

くうどうきょうしんき【空胴共振器 cavity resonator】

共振箱ともいう。マイクロ波回路にしばしば使われる共振器で,中空の導体壁に囲まれた空間を利用したものである。太鼓の上で特定周波数の二次元の波動が安定に振動するのと同様に,中空の導体壁に囲まれた空間では,電磁波の三次元の波動が安定に振動を続ける。こうした安定な振動は,この空間の形状で決まるモードと呼ばれる空間パターンをもち,かつそれに対応して共振周波数が決まる。いくつかのモードがあるので,それに対応して共振周波数もいくつか存在するが,それ以外のかってな周波数の振動は存続することができない。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の空胴共振器の言及

【マグネトロン】より

…周波数が高くなるとコイルなどの代りに金属壁でかこまれた空間を用いる。これを空胴共振器という。陽極間隙には交互に正負の電圧が生じ,これにより陰陽極間の電位分布は,陽極の直流電圧とこの間隙の交流電圧によるものとが重なりあい,同じ円状から変形し,突起が生ずる(図b)。…

※「空胴共振器」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

カジノ解禁

石原慎太郎・東京都知事が1999年に臨海副都心のお台場への誘致を表明して以来、解禁論が何度も浮上してきた。カジノは刑法で禁止されているが、地方自治体には観光活性化や地域振興のために認めるべきだとの声が...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android