コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

空転 クウテン

デジタル大辞泉の解説

くう‐てん【空転】

[名](スル)
車輪などがむだに回転すること。からまわり。
何の成果もないまま、物事がむだに進行すること。「国会審議が空転する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

くうてん【空転】

( 名 ) スル
車輪やエンジンなどが、からまわりすること。
物事が、何の成果もないまま、むだに推移すること。 「議論が-する」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

空転の関連キーワード典・填・塡・天・奠・展・店・恬・殿・添・点・甜・癲・篆・纏・転・轉・顛・顚・點トラクションコントロールシステムトラクションコントロール核不拡散条約再検討会議オートローテーションインホイールモーターフルタイム4WD一方向クラッチ無関心な人びとスイッチバックホイールスピンウィンドラスケーブルカー不正常な採決摩擦伝動装置アイドリング姫路(市)デフロック鈴木 元一党錮の禁

今日のキーワード

阪神園芸

阪神電気鉄道株式会社の子会社で、兵庫県西宮市に本社を置く造園会社。正式名称は「阪神園芸株式会社」。1968年に設立された。環境緑化工事の施工・維持管理、公園植栽などの管理、観葉植物のリースといった業務...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

空転の関連情報