空転(読み)くうてん

精選版 日本国語大辞典「空転」の解説

くう‐てん【空転】

〘名〙
車輪や機関などがむだに回するだけで、必要な働きをしないこと。からまわり。
※海に生くる人々(1926)〈葉山嘉樹〉二「速力は今ではもう推進器の空転の危険から、殆んど三哩位に減じられて」
② (比喩的に) 何の結果、成果も生じることなく、物事が進行すること。
※文化と政治(1941)〈津久井龍雄〉文化について「多くのものは、観念が先き走ったり、空転したり、あるひは他人の作った観念をそのままに襲用したりする」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「空転」の解説

くう‐てん【空転】

[名](スル)
車輪などがむだに回転すること。からまわり。
何の成果もないまま、物事がむだに進行すること。「国会審議が空転する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

株を守りて兎を待つ

たまたまうまくいったことに味をしめて、同じようにしてもう一度、成功しようとするたとえ。また、古くからの習慣にこだわって、時代に合わせることを知らぬたとえ。[使用例] 羹あつものに懲こりて膾なますを吹く...

株を守りて兎を待つの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android