コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

空間立体描画 クウカンリッタイビョウガ

デジタル大辞泉の解説

くうかん‐りったいびょうが〔‐リツタイベウグワ〕【空間立体描画】

空中立体映像を映し出すこと。また、その画像や技術。平成19年(2007)、独立行政法人産業技術総合研究所などが実験に成功。空気中の酸素窒素などの分子にレーザー光を当ててプラズマ化させ発光させることで、立体映像を作り出す。3D(スリーディー)ディスプレー

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

空間立体描画の関連キーワードレーザー光

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android