コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

穿頭術 せんとうじゅつperforation

翻訳|perforation

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

穿頭術
せんとうじゅつ
perforation

頭蓋に小孔を開けることで,胎児縮小術の一つとして行われる。穿頭器で児頭に穴をあけて脳実質を排除し,児頭の縮小をはかって娩出させる。かつては母体の生命を救うために胎児を犠牲にする目的で行なったが,最近では,胎児がすでに死亡している場合などに,まれに行う。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の穿頭術の言及

【妊娠中絶】より

オキシトシンの代りにプロスタグランジンF 2000γのような陣痛剤なども使用される。妊娠4月以後は胎児が大きく,胎盤もかなり大きくなっているので,分娩の形式で妊娠中絶するのが安全であり,往時行われた穿頭(せんとう)術(胎児の頭を砕いて除去する方法)は実施されず,胎盤鉗子や搔爬術は胎盤がちぎれて大出血し,止血困難となってきわめて危険である。そこで陣痛剤の使用による児娩出に至る数日間の入院がどうしても必要になってくる。…

※「穿頭術」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

穿頭術の関連キーワードブルンシュウィク硬膜下血腫頭蓋

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android