コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

窒素固定菌(読み)ちっそこていきん(英語表記)free nitrogen fixation bacteria

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

窒素固定菌
ちっそこていきん
free nitrogen fixation bacteria

土壌または水中に生活し空気中の窒素ガスをとって有機窒素化合物を合成する能力のある細菌類の総称。遊離窒素固定菌ともいう。そのうちマメ科植物の根に共生しているものはいわゆる根粒バクテリアであり,また,いろいろの高等植物の葉瘤内に寄生しているものにマイコバクテリウム Mycobacterium がある。なお,このように共生するのではなくて,単独生活をしているものとしてはアゾトバクター Azotobacter とクロストリジウム Clostridium とがあるが,前者は酸素の存在する場合にのみ生育可能(好気性)であり,後者は酸素のない場合に生育する(嫌気性)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android