コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

窒素硬化鉄 ちっそこうかてつnitrided steel

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

窒素硬化鉄
ちっそこうかてつ
nitrided steel

窒化させて,表面を硬化した鉄鋼。アンモニア気流中において加熱することにより,アンモニアの分解した発生期状の窒素と化合して,窒化鋼の表面が硬化する。窒素の浸入層は比較的薄いが,その部分に高硬度の窒化層ができる。窒化鋼は窒化処理によって硬い表面をもつ靭性に富む鋼となる。浸炭法に比べて,表面の耐摩耗性と耐食性が大きく,処理による変形量も小さい。高速内燃機関のシリンダ,ゲージ類,ポンプシャフト,ミシン部品などに用いられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

内密出産

ドイツで2013年に法律が制定され、14年から実施されている妊婦支援の制度。母親は相談機関に実名で相談し身元を明かす証書を封印して預け、医療機関では匿名で出産する。子は原則16歳になったら出自を知るこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android