コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

窮乏化成長 きゅうぼうかせいちょう immiserizing growth

1件 の用語解説(窮乏化成長の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

窮乏化成長
きゅうぼうかせいちょう
immiserizing growth

インドの経済学者 J.バグワティによって主張された概念で,一国の経済成長の努力が,交易条件の不利化を通して経済的厚生がむしろ悪くなるという結果に終るような場合をいう。経済成長は輸入需要を増大させ,貿易収支が均衡するには交易条件の不利化,すなわち外国製品を高く購入しなければならず,そのため実質所得はその分だけ低下することになり,経済成長による社会的厚生の増大を相殺してマイナスになることもある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

窮乏化成長の関連キーワードケインズ学派パンタレオーニマーシャルインフィニティ プレステジアスインフィニティ ポイントメイクアップピース・インフィニティワイウェラ インフィニティ食料経済学関根友彦エコノメトリック・ソサエティ

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone