コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

窮乏化成長 きゅうぼうかせいちょうimmiserizing growth

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

窮乏化成長
きゅうぼうかせいちょう
immiserizing growth

インドの経済学者 J.バグワティによって主張された概念で,一国の経済成長の努力が,交易条件の不利化を通して経済的厚生がむしろ悪くなるという結果に終るような場合をいう。経済成長は輸入需要を増大させ,貿易収支が均衡するには交易条件の不利化,すなわち外国製品を高く購入しなければならず,そのため実質所得はその分だけ低下することになり,経済成長による社会的厚生の増大を相殺してマイナスになることもある。1次産品を輸出して工業品を輸入している発展途上国では輸入需要所得弾力性が大きいので窮乏化成長に陥りやすく,人口成長も考慮すれば1人あたりの実質所得はさらに悪くなる。南北貿易では,先進国の発展のために発展途上国に犠牲を強いるということになりやすく,南北関係を一層悪化させている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

VR蓮舫

民進党・蓮舫代表による国会審議での追及をVR(仮想現実)空間で体験できるゲーム。専用のゴーグルを装着すると映像が流れ、国会の場に立つ総理大臣として蓮舫代表に追及される疑似体験が楽しめる。体験者は器具で...

続きを読む

コトバンク for iPhone