コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

輸入需要所得弾力性 ゆにゅうじゅようしょとくだんりょくせいincome elasticity of import demand

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

輸入需要所得弾力性
ゆにゅうじゅようしょとくだんりょくせい
income elasticity of import demand

国民所得ないし国民総生産 GNPが1%変化したときに輸入需要が何%変化するかを示すもの。輸入変化率を GNP変化率で割ることによって求められる。たとえば実質 GNPが4%伸びたとき,輸入数量の伸びも4%であれば弾力性は1である。かつては日本の輸入は,生産に比例的に増大するエネルギー,原材料が中心であったので,輸入所得弾力性はほぼ1であった。しかし 1980年代後半以降,製品輸入がふえるにつれて,輸入所得弾力性は1を上回るようになってきている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

輸入需要所得弾力性の関連キーワード窮乏化成長

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android