コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

立ち柧棱の タチソバノ

デジタル大辞泉の解説

たちそば‐の【立ち柧棱の】

[枕]ソバノキの実が小さく少ないところから、「実のなけく」にかかる。
「肴(な)乞(こ)はさば―実のなけくを」〈・中・歌謡〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

たちそばの【立ち柧棱の】

( 枕詞 )
ソバノキの実の小さいことから「実の無けく」にかかる。 「 -実の無けくを扱きしひゑね/古事記

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

立ち柧棱のの関連キーワード古事記さば

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android