前妻/嫡妻(読み)コナミ

精選版 日本国語大辞典の解説

こなみ【前妻】

〘名〙 一夫多妻制のもとで、先にめとった妻。⇔後妻(うわなり)
※古事記(712)中・歌謡「古那美(コナミ)が 肴(な)乞はさば 立柧棱(たちそば)の 実の無けくを こきしひゑね 後妻(うはなり)が 肴乞はさば いちさかき 実の多けくを こきしひゑね」

ぜん‐さい【前妻】

※江戸から東京へ(1922)〈矢田挿雲〉八「前妻(ゼンサイ)菊園は殆んど押掛けて来たのだし」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android