コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

立削り盤 たてけずりばんslotting machine; slotter

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

立削り盤
たてけずりばん
slotting machine; slotter

スロッタともいう。比較的狭い平面部 (おもに溝類) を工具刃物 (バイト) によって削り出す工作機械。バイトは鉛直方向に往復運動を行い (傾斜できるものもある) ,テーブル上の工作物を間欠的に送って切削する。形削り盤に比べて,テーブルの送りが自由で,作業範囲が広い。また,切削方向と重力方向が一致するため,強力な切削加工ができる。 (→平削り盤 )

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

たてけずり‐ばん〔たてけづり‐〕【立(て)削り盤】

主として溝削り加工に使用される、刃物が上下運動する工作機械。スロッター。スロッティングマシン。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

立削り盤の関連キーワードオークマラム

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android