コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

形削り盤 カタケズリバン

百科事典マイペディアの解説

形削り盤【かたけずりばん】

シェーパーとも。刃物を用いて主に金属工作物の比較的小さい平面や溝を削り出す工作機械。バイトを取り付けた刃物台を備えるラムが直線往復運動し,その1往復ごとに工作物を取り付けたテーブルがラムの運動方向と直角な方向へ送り運動をする。
→関連項目工作機械切削工具万能工作機械

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

かたけずりばん【形削り盤】

刃物を往復させ、台に固定した工作物の表面を削る工作機械。シェーパー。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

形削り盤
かたけずりばん

平削り盤」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

形削り盤
かたけずりばん

本体であるフレーム上部の案内面に沿って往復運動するラムに取り付けた工具で、溝(みぞ)加工や平面加工を行う工作機械。シェーパーshaperともいう。加工物は左右に間欠的に動くサドルに取り付けられたテーブル上に固定する。サドルは上下調整のできるクロスレールに取り付けられている。またラムが突き出すときに切削を行うのが普通である。ラムの動きは、切削時はゆっくりしているが、非切削時は早く戻すように、早戻り機構が組み込まれている。
 精度のよい平面加工ができるフライス盤の進歩発展に伴い、形削り盤の使用は減少しつつあるが、工具と段取りが簡単で、価格も安いので、まだ用いられている。[清水伸二]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の形削り盤の言及

【工作機械】より

…近代工作機械の初期の発展はイギリスで行われ,モーズレーおよび彼の弟子が多大の貢献をしている。立て削り盤,形削り盤,平削り盤などはこの時期に開発された。19世紀後半以降,工作機械の発達の中心はアメリカおよびドイツに移り,この時期になると,現在のような電動機直結運転が行われ,研削盤,歯切盤などが開発された。…

※「形削り盤」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

形削り盤の関連キーワードバイト(工作機械)てこクランク機構組合せ工作機械バイト(工具)創成歯切り法形削り盤歯切り盤立削り盤歯切盤万力歯車

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android