コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

形削り盤 カタケズリバン

5件 の用語解説(形削り盤の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

かたけずり‐ばん〔かたけづり‐〕【形削り盤】

刃物を往復させて工作物の平面を削る工作機械シェーパー

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

形削り盤【かたけずりばん】

シェーパーとも。刃物を用いて主に金属工作物の比較的小さい平面や溝を削り出す工作機械。バイトを取り付けた刃物台を備えるラムが直線往復運動し,その1往復ごとに工作物を取り付けたテーブルがラムの運動方向と直角な方向へ送り運動をする。
→関連項目工作機械切削工具万能工作機械

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

かたけずりばん【形削り盤】

刃物を往復させ、台に固定した工作物の表面を削る工作機械。シェーパー。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

形削り盤
かたけずりばん

平削り盤」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

形削り盤
かたけずりばん

本体であるフレーム上部の案内面に沿って往復運動するラムに取り付けた工具で、溝(みぞ)加工や平面加工を行う工作機械。シェーパーshaperともいう。加工物は左右に間欠的に動くサドルに取り付けられたテーブル上に固定する。サドルは上下調整のできるクロスレールに取り付けられている。またラムが突き出すときに切削を行うのが普通である。ラムの動きは、切削時はゆっくりしているが、非切削時は早く戻すように、早戻り機構が組み込まれている。
 精度のよい平面加工ができるフライス盤の進歩発展に伴い、形削り盤の使用は減少しつつあるが、工具と段取りが簡単で、価格も安いので、まだ用いられている。[清水伸二]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の形削り盤の言及

【工作機械】より

…近代工作機械の初期の発展はイギリスで行われ,モーズレーおよび彼の弟子が多大の貢献をしている。立て削り盤,形削り盤,平削り盤などはこの時期に開発された。19世紀後半以降,工作機械の発達の中心はアメリカおよびドイツに移り,この時期になると,現在のような電動機直結運転が行われ,研削盤,歯切盤などが開発された。…

※「形削り盤」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

形削り盤の関連キーワードシェーパー治具テーパーゲージスーパーチェーンペーパーウエートベーパースーパーシェフスーパーチェーン シガマルシェーシェープ/シェーパー

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone