コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

立川三玉斎(初代) たてかわ さんぎょくさい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

立川三玉斎(初代) たてかわ-さんぎょくさい

?-? 江戸時代後期の落語家。
天保(てんぽう)11年(1840)の「浪花諸芸玉づくし」に即席噺(ばなし)の名手としてあげられる。幕末上方(かみがた)落語の立川派をひきいて活躍。初名三光

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

立川三玉斎(初代)の関連キーワード落語家天保

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で使用できる仮想通貨の一つ。日本円のような法定通貨とは異なり、通貨としての機能を持つ電子データであり、1ビットコインは、1BTCという単位で表記される。仮想通貨と似たものに、オンライン...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android