コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三光 さんこう

6件 の用語解説(三光の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

三光
さんこう

大分県北西部,中津市北東部の旧村域。中津平野の南西部にあり,西で福岡県に接する。八面山から発する犬丸川が北東へ流れ,福岡県境を山国川が北流する。 1954年真坂村,山口村,深秣村の3村が合体して三光村が成立。 2005年中津市に編入。米作を中心に野菜の施設栽培などの多角的農業が行なわれる。南端の八面山北麓にキャンプ場があり,周辺は耶馬日田英彦山国定公園に属する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

さん‐こう〔‐クワウ〕【三光】

太陽と月と星のこと。
きらきらと光り輝く、りっぱな細工物。
三光鳥」の略。
《鳴き声を「つきひほし」と聞きなしたところから》飼いウグイスの鳴き声。また、そのように鳴くウグイス
「あれは世間に重宝する―とやらいふ鳥であらう」〈続狂言記・鶯〉

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションの解説

さんこう【三光】

岡山の日本酒。酒名は、蔵の前にある、「月、日、星」となく三光鳥が棲むといわれていた三光山に由来。「にごり原酒」「生酒」などがある普通酒。味わいは甘口。仕込み水は神代川の伏流水。蔵元の「三光正宗」は大正2年(1913)創業。所在地は新見市哲西町上神代。

出典|講談社
[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションについて | 情報

日本の企業がわかる事典2014-2015の解説

三光

正式社名「三光株式会社」。英文社名「SANKO CO., LTD.」。卸売業。昭和21年(1946)「三光商会」創業。同24年(1949)設立。本社は福岡県久留米市通町。化学品専門商社工業薬品合成樹脂が主力。研究・開発・製造を行う製造部門を併営。ドイツ・米国・タイ・中国に営業拠点を展開。

出典|講談社
日本の企業がわかる事典2014-2015について | 情報

大辞林 第三版の解説

さんこう【三光】

太陽・月・星のこと。
三光鳥 」に同じ。また、飼い鶯うぐいす
茶道で、水指みずさしの前に置いた茶入れ・茶碗ちやわんの姿。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

三光
さんこう

大分県北部、下毛(しもげ)郡にあった旧村名(三光村(むら))。現在は中津(なかつ)市の北西部を占める地域。旧村名は合併3村(深秣(みまくさ)・山口・真坂(まさか)村)の融和発展を念願して命名。2005年(平成17)中津市に編入。中央南部に八面(はちめん)山(659メートル)のメサがそびえ、東部・中部は犬丸(いぬまる)川、西部は山国(やまくに)川の流域。国道212号が山国川沿いに走る。米麦、野菜、ブドウ、タバコ作、養蚕、肥育牛などの畜産が主産業。西秣(にしまぐさ)長谷寺(はせでら)の銅造観音菩薩(かんのんぼさつ)立像は県指定文化財。[兼子俊一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の三光の言及

【三光政策】より

…日中戦争後半期に日本軍がとった燼滅(じんめつ)作戦に対する中国側の呼名。三光とは中国語の焼光(焼きつくす),殺光(殺しつくす),搶光(奪いつくす)の三つを指す。1940年後半,中国の八路軍は百団大戦と呼ばれる作戦を展開,日本軍に大きな打撃を与えた。…

※「三光」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

三光の関連情報