コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

立憲運動 りっけんうんどうLì xiàn yùn dòng

世界大百科事典 第2版の解説

りっけんうんどう【立憲運動 Lì xiàn yùn dòng】

中国,清朝立憲君主制への即時移行を要求する運動。1898年(光緒24)の戊戌(ぼじゆつ)変法の失敗後,海外に亡命した康有為梁啓超は,ひき続き立憲論を鼓吹し,中国人に大きな影響を与えた。とくに梁啓超の役割が大きい。国内でも張謇(ちようけん)らの郷紳や開明官僚のあいだにも立憲制移行の気運が高まった。清朝は,革命運動の鎮静化,立憲派の懐柔を策して,1905年憲政視察団を海外に派遣,翌年立憲準備を宣言し,08年には〈欽定憲法大綱〉を発布して強大な皇帝大権を規定した〈欽定憲法〉の原則を明示し,9年間の準備期の後,立憲制実施を宣言した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

立憲運動の関連キーワードジャマーロッディーン・イスファハーニームザッファル・ウッディーンムハマド・T. バハールブブナ・フォン・リティツムハンマド・アブドゥフベフバハーニーカージャール朝変法自彊運動予備立憲公会コゼンツァカルボナリ戊戌の変法バハールラシュトイラントリノ西太后バルボ諮議局熊希齢