コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

郷紳 きょうしん xiang-shen; hsiang-shên

7件 の用語解説(郷紳の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

郷紳
きょうしん
xiang-shen; hsiang-shên

中国,時代に現職あるいは退職の官僚層に対する出身地での一般的呼称。また地方の経済力のある有力な知識人としての貢生,生員,科挙の合格者としての挙人などで,官についていない者をさす場合もある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

きょう‐しん〔キヤウ‐〕【郷紳】

近世中国における社会階層の一。退職官吏や科挙(かきょ)合格者で故郷に在住している者をいい、多くの特権を与えられ、事実上地方郷村を支配した。
ジェントリー

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

郷紳【きょうしん】

中国,明清代の現職あるいは退職官吏に対する出身地での一般的呼称。郷紳の呼称は宋代に始まるというが,政治・社会上有力な存在となり,郷村の実質的支配者となったのは明後半以降。
→関連項目官戸

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

きょうしん【郷紳 Xiāng shēn】

明代後半期から中国革命に至る時期の中国における地方の支配層。郷紳は田主(でんしゆ)あるいは業主(ぎようしゆ)と呼ばれた地主の一員であったが,その中でも日常的に地域社会の動向を左右する実力者であり,2,3年の任期で去っていく地方官にまさる影響力をもっていた。 朝廷に出仕する官僚の着用する大帯を紳(しん)といい,この大帯にメモ用の板(笏(こつ))をさしはさむことを縉(しん)と呼んだが,これに由来する縉紳(しんしん)という語は秦・漢以前から官僚の雅称として用いられてきた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

きょうしん【郷紳】

中国、近世における社会階層の一。明・清代では退職官僚や科挙合格者などの郷村にいる者をいい、身分的に一般庶民と区別され、その地方における政治的・社会的影響力は大きかった。

ごうしん【郷紳】

地方に住む紳士。きょうしん。
ジェントリ 」に同じ。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

郷紳
きょうしん

中国の明(みん)・清(しん)時代(1368~1912)における官僚身分をもつ者の郷里での呼称。官僚を目ざす挙人(きょじん)、貢生、監生、生員などは総称して士人(しじん)という。郷紳、士人をあわせて紳衿(しんぎん)、紳士(しんし)ともいう。有力地主の家は科挙合格者を出すことに専念し、進士(しんし)(科挙の最高学位保持者で官僚身分をもつ)、士人を出し、商業活動も行いつつ大土地所有を拡大していくものが多かった。このように郷紳、士人を出す地主の家が当時の支配階級を構成していた。郷紳は地方の実力者であり、社会秩序保持の役割を担い、また「土豪劣紳(どごうれっしん)」として権力を振るって社会矛盾を激化させた。清末、科挙制度の廃止後も、実質的な郷紳階級は維持、再生産され、革命運動の打倒目標となった。[奥崎裕司]
『奥崎裕司著『中国郷紳地主の研究』(1978・汲古書院)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の郷紳の言及

【地主】より

…江南への統制の弛緩とも相まって無位無官の地主にして富民となる者も増大した。
[明・清]
 江南では明初に太祖朱元璋による巨大地主の所有地の没収によって,国有地としての官田が多量に設置されるなど,大土地所有抑圧政策が実施されたが,15世紀前半期には官僚の家の大土地所有が早くも復活し,しだいに出身の県での発言力を強め,16世紀後半には郷紳と呼ばれるに至った。しかしながら明代の地主は宋・元の地主と比べて顕著な相違がある。…

【中国】より

…そもそも彼らが税制上の特権を有していたということ自体,それだけ人民の負担に転嫁されたということであった(旧中国の税制は一県定額制)。地方人民の害虫として郷紳(すぐあとに述べる),生員,胥吏の三者をあげるのは定論であったといってよい。なかでも生員への糾弾はきびしかった。…

【明】より

…これらの矛盾は特に北辺駐屯軍において顕著に現れ,軍隊の内部崩壊と財政負担の増大を招くことになった。
【社会と経済】

[郷紳の登場]
 中国の社会は近代に至るまで,基本的に農業社会であったが,宋代以降においては,流通経済の発展がかなり著しい。そのことは元代にも変りなかったにもかかわらず,明朝ははじめ非常に復古的な経済政策をとった。…

※「郷紳」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

郷紳の関連キーワード朱徳中国革命同盟会後半期太田信三末永節野村浩一山田良政対華借款《中国革命と中国共産党》《中国革命の内部》

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

郷紳の関連情報