コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

立方最密充填 りっぽうさいみつじゅうてんcubic closest packing

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

立方最密充填
りっぽうさいみつじゅうてん
cubic closest packing

同寸法剛体球の三次元最密充填構造の一種。剛体球の二次元最密配列を積み上げる際に、第一層に生ずる2種の球間のすきま上に順次第二層、第三層を重ね、第四層が第一層の真上になる配列でつくられる充填構造である。各球の中心を格子点とした格子構造が面心立方格子となるところから立方最密充填という。球の半径をrとすると、単位格子

の立方体となり、正味4個の球が単位格子内に含まれるので、充填率は

となり、この値は六方最密充填の場合と同じである。[岩本振武]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

立方最密充填の関連キーワードコバルトニッケル安銀鉱窒素

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android