コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

六方最密充填 ろっぽうさいみつじゅうてんhexagonal closest packing

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

六方最密充填
ろっぽうさいみつじゅうてん
hexagonal closest packing

同寸法剛体球の三次元最密充填の一種。剛体球の二次元最密配列を積み上げる際に、第三層を第一層の真上に置くと得られる構造である。各球の中心を格子点とする格子構造が六方格子となるところから六方最密充填という。球の半径をrとすると、単位格子は

の六方格子となり、その体積

の中に正味2個の球があるので、充填率は

となって、立方最密充填の場合とまったく同じになる。[岩本振武]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

六方最密充填の関連キーワードヨウ化カドミウム型構造アルゴドネス鉱カルシウムニッケルコバルト安銀鉱

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android