コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

単位格子 タンイコウシ

デジタル大辞泉の解説

たんい‐こうし〔タンヰカウシ〕【単位格子】

結晶を形づくる空間格子単位となる最小平行六面体。単位胞

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

たんいこうし【単位格子】

空間格子のくり返し単位となる平行六面体。一つの空間格子について、単位格子のとり方は無数にあるが、普通、三つの辺の長さがなるべく短く、三つの辺のあいだの角がなるべく直角に近くなるようにとる。単位胞。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

単位格子
たんいこうし

空間格子」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

単位格子
たんいこうし
unit lattice

結晶格子の単位となる格子で、単位格子の軸方向での並進(平行移動)で結晶格子全体が与えられる。単位格子の形は、格子点を結ぶ線分(軸方向と周期)およびそれらの交角(軸角)で定まるが、一次元格子では線分、二次元格子(平面格子)では平行四辺形、三次元格子(空間格子)では平行六面体となる。周期と軸角は格子定数であり、それらの間に成立する幾何学的関係によって単位格子の形が分類される。単位格子は格子点の周期性を示すものであり、単位格子内の原子の配列を直接に示すとは限らない。単位格子内を考慮するときには、単位胞unit cellということばを使うことが多い。[岩本振武]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の単位格子の言及

【結晶】より

…これら同種で隣りあう格子面の間の垂直距離を面間距離という。任意の格子点を通る同一平面上にない3格子線をとり,それらの周期を3稜とする平行六面体を単位胞あるいは単位格子という。図のcに見られるように,一つの空間格子において無限に多くの単位胞のとり方がある。…

※「単位格子」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

単位格子の関連キーワードカミン石(データノート)ヨウ化カドミウム型構造ブロッホのT3/2則塩化カドミウム型構造塩化ナトリウム型構造塩化セシウム型構造ミョウバン(明礬)塩化鉛(Ⅱ)型構造アボガドロ定数ウルツ鉱型構造アルゴドネス鉱ダヴィドフ分裂六方最密充填輝コバルト鉱体心立方格子面心立方格子単純立方格子立方最密充填ヤコブス鉱菱面体晶系