コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

立方最密充填 リッポウサイミツジュウテン

デジタル大辞泉の解説

りっぽう‐さいみつじゅうてん〔リツパウ‐〕【立方最密充填】

最密充填構造の一。同じ大きさの球列を積み重ねていくとき、最初の層のすきまの上に2層、3層目を重ねて、4層目は球のそれぞれが初めの層の真上にくるもの。各球の中心を格子点とすると、面心立方格子となる。原子分子などの詰まり方にみられる。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

立方最密充填
りっぽうさいみつじゅうてん
cubic closest packing

同寸法剛体球の三次元最密充填構造の一種。剛体球の二次元最密配列を積み上げる際に、第一層に生ずる2種の球間のすきま上に順次第二層、第三層を重ね、第四層が第一層の真上になる配列でつくられる充填構造である。各球の中心を格子点とした格子構造が面心立方格子となるところから立方最密充填という。球の半径をrとすると、単位格子

の立方体となり、正味4個の球が単位格子内に含まれるので、充填率は

となり、この値は六方最密充填の場合と同じである。[岩本振武]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone