コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

立(て)札 タテフダ

デジタル大辞泉の解説

たて‐ふだ【立(て)札】

法度(はっと)・禁制など、人々に知らせたいことを書いて立てた木の札。→高札(こうさつ)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の立(て)札の言及

【高札】より

…〈たかふだ〉ともよみ,立札ともいう。江戸時代に行われた法令公示の一方式。…

※「立(て)札」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

立(て)札の関連キーワード総合周産期母子医療センターと地域周産期母子医療センター北海道の花粉症関場 不二彦河邨 文一郎関場不二彦確認団体明認方法素木しづ四至牓示高木美帆スズメ馬島譲無縁墓下馬札高札境界法度

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android