コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

案内 あんないguide

翻訳|guide

5件 の用語解説(案内の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

案内
あんない
guide

機械用語。2つの機械部品に,相対的に正確な直線または回転運動をさせるように設けられた部分をいう。直線案内運動は,ある角度をもった面 (V面) や円筒面から構成され,回転運動案内は円筒面から構成される。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

あ‐ない【案内】

《「あんない」の撥音の無表記から》「あんない(案内)」に同じ。
「此家(このや)の―を知り居たれば」〈竜渓経国美談

あん‐ない【案内】

[名](スル)
道や場所を知らない人をそこに導くこと。また、ある地域を見せて歩くこと。「館内を案内する」「道案内
取り次ぐこと。「案内を請う」
事情やようすなどを知らせること。また、その知らせ。「事業案内」「入学案内
物事の内部のようす。内情。「その家の案内に明るい」
事情をよく知っていること。承知。「先刻御案内のこととは思いますが」
「町の近くにある写真屋は節子もよく―だった」〈藤村新生
客を招くこと。招待。「披露宴に御案内します」
官庁で後日の参考にするために、書き写したもの。また、文書の下書き。草案。
「頭の弁して―は奏せさせ給ふめり」〈紫式部日記
物事の事情や内容を明らかにすること。また、問い尋ねること。
「宮の辺に―しに参らまほしけれど」〈・二七七〉
[補説]中古のかな文では「あない」と表記されることが多い。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

あない【案内】

「あんない(案内)」の撥音「ん」の無表記。 「誰ぞなど-するなるべし/源氏 宿木

あんない【案内】

( 名 ) スル
人を、その希望する所へ導いて行くこと。 「 -所」 「先に立って-する」
説明したりしながら人にある場所などを見せてまわること。また、その人。 「館内を-する」 「 -人」
物事の詳細、事情を知らせること。しらせ。 「入学-」 「 -図」 「 -状」
事情や様子をよく知っていること。 「その方面には不-だ」 → ごあんない
人の来訪や用向きを伝えること。取り次ぎ。 「受付で-を請う」
文書、文案の内容。また特に、官庁の先例や内規を書写した文書。 「頭の弁して-は奏せさせ給ふめり/紫式部日記」
詳細や事情を尋ねること。 「露ばかりにても、漏らし奏し給ふ事やありしと-したまへど/源氏 薄雲」 〔中古の仮名書きの文では「ん」を表記せずに「あない」と書くことが多い。上代から文案の内容の意で用いられ、中古以降、内容・事情の意となった。「案内申す」からの意が生じた〕

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

案内の関連情報