コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

立(て)物 タテモノ

デジタル大辞泉の解説

たて‐もの【立(て)物】

兜(かぶと)の鉢につける飾り金物。前立・後立(うしろだて)・脇立(わきだて)・頭立(ずだて)などがある。
能楽で、女神・天人などの役が用いる天冠(てんかん)に立てる飾り物。
埴輪(はにわ)異称
弓の的の異称。
大切なもの。
「先づ第一の―は米」〈浄・先代萩

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

たてもの【立物】

埴輪はにわの異名。 「是の土物はにものを号けて埴輪と謂ふ。亦の名は-なり/日本書紀 垂仁訓
装飾・自己顕示・威嚇の目的で、兜かぶとの鉢につけた飾り。位置により、前立・後立・脇立・頭立ずだてなどの名称がある。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

立物
たてもの

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の立(て)物の言及

【香道具】より

…割った香木を包む香包の折り方も,組香によりそれぞれ独特の定めがある。さらに盤物と呼ばれる組香にはそれぞれの盤と精巧な人形などの立物(たてもの)(建物)が定められており,盤上を進む立物によって一炷ごとに競技の成績が示されるのである。このうち矢数香(やかずこう),吉野竜田香(別名,名所香),源平香,競馬香の盤と立物は四種盤(ししゆばん)と呼ばれる箱に納められている。…

※「立(て)物」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

立(て)物の関連キーワードロバート・アレクサンダー ワトソン・ワットハンス・ウイルヘルム ガイガーチャールズ・G. ダーウィンゴードン サザーランド吉田 玉造(3代目)ヨハネス シュタルク吉田 玉造(2代目)タンクレド ネベス中島三甫右衛門自然弁証法シュタルクブラッグ日本書紀自己顕示五月人形御祓立て三つ鍬形目掛ける仕立屋飾り糸

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android