コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

立縄 たてなわ vertical long line

1件 の用語解説(立縄の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

たてなわ【立縄 vertical long line】

はえなわ(延縄)とも呼ばれる釣り漁具の一種。深い海にすむ魚をねらって行われる。長い釣り糸の先の方に数十本の枝針をつけて,根付魚などを釣る。はえなわを縦に使うようなものである。手釣りの場合もあり,また樽流しといって,樽に立縄釣り具をつけて使うこともある。船の大きさで違うが3~6樽ほど連結したものを2~4組,1船で用いる。漁場では魚群探知機で瀬および魚群の分布状況を確認し,漁具を漁場水深に合わせて調節し,潮上から投入する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

立縄の関連キーワード漁具内水面漁業延縄浮き延縄底延縄浮け縄空釣り延縄縄船延縄漁船延縄漁

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

立縄の関連情報