コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

立縄 たてなわvertical long line

世界大百科事典 第2版の解説

たてなわ【立縄 vertical long line】

はえなわ(延縄)とも呼ばれる釣り漁具の一種。深い海にすむ魚をねらって行われる。長い釣り糸の先の方に数十本の枝針をつけて,根付魚などを釣る。はえなわを縦に使うようなものである。手釣りの場合もあり,また樽流しといって,樽に立縄釣り具をつけて使うこともある。船の大きさで違うが3~6樽ほど連結したものを2~4組,1船で用いる。漁場では魚群探知機で瀬および魚群の分布状況を確認し,漁具を漁場水深に合わせて調節し,潮上から投入する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

立縄の関連情報