立花家 歌子(読み)タチバナヤ ウタコ

新撰 芸能人物事典 明治~平成の解説

立花家 歌子
タチバナヤ ウタコ


職業
寄席音曲師

本名
岸上きみ

旧名・旧姓
藤本

生年月日
明治30年 9月21日

出生地
東京

経歴
明治末〜昭和期に活動。幼時から寄席の高座に時おり出演しており、明治43年ごろから立花家歌子の名で三遊派に加わった。娘音曲手踊りとして、柳派の岸沢式多津とならび称されて人気を二分する。母親の立花家朝治(岸上のぶ)の弦で清元を語った後、立ちあがって踊りをみせたが、とりわけ清元はその美声と子どもらしからぬ粋な節まわしで評判をとった。歌沢もよくし、大正中期からは寄席出演は少なくなり、もっぱら歌沢寅の名で活躍するようになる。昭和以降は、大倉喜七郎の提案・創出による大和楽の演奏者としても活躍。

没年月日
昭和39年 5月3日 (1964年)

家族
母=立花家 朝治

出典 日外アソシエーツ「新撰 芸能人物事典 明治~平成」(2010年刊)新撰 芸能人物事典 明治~平成について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

新華社

中華人民共和国の国営通信社。新華通訊社が正式名称。 1931年延安で創立され,48年北京に移り,現在は政府国務院新聞総署の管轄下にある。特に文化大革命以後は重要度が高まり,党と政府の発表はここを通じて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android