コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大倉喜七郎 おおくら きしちろう

1件 の用語解説(大倉喜七郎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大倉喜七郎 おおくら-きしちろう

1882-1963 大正-昭和時代の実業家。
明治15年6月16日生まれ。大倉喜八郎の長男。ケンブリッジ大に留学。大正13年大倉組頭取となり,帝国ホテルなど傘下企業の経営にあたる。戦後,財閥解体で追放となる。昭和37年ホテルオークラを設立するなどホテル事業に力をつくした。また,横山大観らの日本画家,藤原義江らの音楽家への支援,札幌大倉山ジャンプ競技場の建設,日本棋院の設立への支援など文化・スポーツに功績がある。昭和38年2月2日死去。80歳。東京出身。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典内の大倉喜七郎の言及

【大和楽】より

…三味線音楽の一種目。1933年大倉財閥の2代目大倉喜七郎(1882‐1963)が創始。邦楽に洋楽の発声をとり入れたもので,東明節(とうめいぶし)の影響も認められる。…

※「大倉喜七郎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大倉喜七郎の関連キーワード北九州(市)早稲田大学新聞小説朝鮮映画剥離面線構造舟木一夫津川雅彦ファイト先生池田勇人内閣冤罪

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

大倉喜七郎の関連情報