コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大倉喜七郎 おおくら きしちろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大倉喜七郎 おおくら-きしちろう

1882-1963 大正-昭和時代の実業家。
明治15年6月16日生まれ。大倉喜八郎の長男。ケンブリッジ大に留学。大正13年大倉組頭取となり,帝国ホテルなど傘下企業の経営にあたる。戦後,財閥解体で追放となる。昭和37年ホテルオークラを設立するなどホテル事業に力をつくした。また,横山大観らの日本画家,藤原義江らの音楽家への支援,札幌大倉山ジャンプ競技場の建設,日本棋院の設立への支援など文化・スポーツに功績がある。昭和38年2月2日死去。80歳。東京出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典内の大倉喜七郎の言及

【大和楽】より

…三味線音楽の一種目。1933年大倉財閥の2代目大倉喜七郎(1882‐1963)が創始。邦楽に洋楽の発声をとり入れたもので,東明節(とうめいぶし)の影響も認められる。…

※「大倉喜七郎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大倉喜七郎の関連キーワードホテルオークラ東京大和 美世葵大和楽・倭楽立花家 歌子野田 岩次郎6月16日大倉集古館瀬越 憲作清元栄寿郎大和美代葵岸上 きみ囲碁殿堂昭和時代金井寛人実業家大和楽

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

大倉喜七郎の関連情報